イラストレーター&フォトショップ入門

イラストレーター&フォトショップ入門

鉛筆ツールを使おう

広告

この章では鉛筆ツールの使い方について説明します。
鉛筆ツールを使うとフリーハンドでイラストを描くことが出来ます。
つまり、鉛筆で描くような感覚でイラストを描くことが出来ます。
「鉛筆ツール」はツールパネルの以下の赤枠の箇所にあります。9 では、「鉛筆ツール」の使い方を説明しますので、以下の手順で進んでください。
①以下の赤枠のアイコンをクリックします。9
②にドラッグしながら、描いていきます。
この例では円を描いていきます。9
③その後、Ctrlキーを押しながら、アートボードの空白部分をクリックします。
結果は以下の通りです。9 上のイラストのように「閉じていないパス」のことを「オープンパス」と言います。
逆に「閉じているパス」のことを「クローズパス」と言います。
「クローズパス」では始点と終点が同じになります。
では、イラストを「クローズパス」にする方法について説明します。
以下のように終わりまで来ましたら、Altキーを押しながら、マウスから指を離してください。9 結果は次のように「クローズパス」になります。9 次は鉛筆ツールを使っている途中で方向を変えたい場合の方法を説明します。
以下のイラストで説明します。9 パスの一点を「鉛筆ツール」で合わせて、変更したい方向にドラッグします。9 結果は以下のように途中から変更されました。9 上の例はパスの一点を「鉛筆ツール」で合わせて、変更したい方向にドラッグしましたが、今度はオブジェクトのパスとパスを繋げます。
以下のようにセグメントをドラッグして繋げます。9 結果は以下の通り変更されました。9 次は線を滑らかにするツールについて説明します
以下の「鉛筆ツール」を長押ししますと以下のメニューが表示されますので、その中の「スムーズツール」をクリックします。9 では以下の線を滑らかにしてみましょう。9 「スムーズツール」をクリックした後はパスに沿って以下のようになぞります。9 結果は以下のようにアンカーポイントが減り、曲線が滑らかになりました。9

Return Top