イラストレーター&フォトショップ入門

イラストレーター&フォトショップ入門

レイヤーについて知ろう10

広告

この章でもレイヤー単位でスタイルを設定する方法について説明します。
この章では「べベルとエンボス」という画像に立体感を出す機能について説明します。
初めにレイヤーを選択し、9をクリックします。
9をクリックしますと次のメニューが開きますので、この中から「べベルとエンボス」を選択します。9 「べベルとエンボス」をクリックすると次のダイアログボックスが開きます(OKボタンなどを省略しています)。9 では次の箇所の説明をします。9 「スタイル」ではべベルとエンボスの種類を設定します。
「テクニック」ではエッジの形状を設定します。
「深さ」ではコンストラクト(陰影の強さ)を設定します。
「サイズ」では立体にするときの高さを設定します。
「ソフト」では角をどのくらいソフトに「ぼかす」のかを設定します。
例えば「サイズ」は次の赤枠の箇所のサイズを変化させます。9 「ソフト」の数値をあげると次の通り、ぼやけた感じになります。9 次に以下の箇所の説明をします。9 「角度」では光源の角度を指定します。
角度は先ほどの例と比べると分かりますが、次の通り、光の当たる角度を変えることが出来ます。9 「光沢輪郭」では次の中から影の形状を指定します。9 「ハイライトのモード」ではシャドウ以外の部分のモードを設定します。
モードは次のメニューから選択します。9 「シャドウのモード」では「ハイライトのモード」以外の部分に対して「乗算」などのモードを設定します。9 では以下の画像に適用させてみます。9 例えば次のように設定します。9 結果は次の通り立体感が出ました。9

Return Top